「工程」とは?意味や使い方を解説!

「工程」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「工程」について解説します。

目次

  1. 工程
  2. 工程の意味とは
  3. 工程を使った文章・例文

工程

工程(こうてい)」という言葉の意味や使い方について解説します。

良く「工程表」や「作業工程」といった使い方をしますが、皆さんはご存知でしょうか。

「仕事や作業を進める際の順序」といった意味を持ちます。

また、同じ発音の言葉に「行程」があります。

今回は、行程との違いについても解説するので、この機会に「工程」について深く知っていきましょう。

工程の意味とは

「工程」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「仕事や作業を進める際の順序や段階。また、その進行具合。」という意味になります。

使い方としては、「作業工程を見直す。」や「製造工程に問題がある。」、「工程表」といった表現が一般的です。

続いて2つ目は「物品の生産や加工を計画的かつ、能率的に行うための作業手順。また、作業の各段階のこと。」という意味になります。

読み方は「こうてい」となります。

また、発音が同じ言葉に「行程」がありますが、違いはどこにあるでしょうか。

「行程」という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

1つ目は「目的地までのみちのり。距離。」という意味になります。

2つ目は「旅行の日程」という意味で、3つ目は「往復機関において、シリンダーの中をピストンが一端から他橋までに動く距離。ストローク」といった意味になります。

「こうてい」という発音は一緒ですが、意味は異なるため、使用する際には注意が必要です。

工程を使った文章・例文

  1. この製品の問題を解決するには、製造工程を見直す必要がある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ