「稼働」とは?意味や使い方を解説!

「稼働」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「稼働」について解説します。

目次

  1. 稼働
  2. 稼働の意味とは
  3. 稼働を使った文章・例文

稼働

稼働(かどう)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「稼働」という言葉は、「稼働人口」や「稼働日数」といった表現の中で使用されることが多いです。

また、漢字では「稼動」と書く場合もあります。

どちらも意味合いは一緒ですが、細かな違いもあるので、解説します。

今回は、そんな「稼働」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

稼働の意味とは

>

稼働の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「稼いで働くこと。仕事をすること。生産に従事すること。就労。」という意味になります。

使い方としては「稼働日数」や「稼働人口」といった使い方が一般的です。

そして、2つ目は「機械などを運転し、働かせること。機械が働いて仕事をすること。」という意味になります。

使い方としては「自家発電機を稼働させる。」といった表現が一般的です。

読み方は「かどう」と読みます。

また、この「稼働」は「稼動」と表記する場合もあります。

基本的には、どちらも同じ意味として使用して問題ありません。

しかし、「稼働」には「働」という漢字が使用されていることから、「人が稼いで働く」といったように人が働く場合に使用されることが多いです。

一方、「稼動」には「動」という漢字が使用されていることから「機械が動く」といった意味合いで使用されることが多いので、この細かい違いをポイントとして押さえておくと良いでしょう。

稼働を使った文章・例文

  1. 年末年始も返上してフル稼働したので、身も心もへとへとになってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ