「ナショナリズム」とは?意味や使い方を解説!

「ナショナリズム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ナショナリズム」について解説します。

目次

  1. ナショナリズム
  2. ナショナリズムの意味とは
  3. ナショナリズムを使った文章・例文

ナショナリズム

ナショナリズム」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ナショナリズム」という言葉は、新聞やテレビなどで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

非常に多義的な意味を持つ言葉で、主に「国家の統一などの推進を強調する運動」や「国家に帰属しようとする世俗的忠誠心を含む感情。」などという意味合いで使用されます。

また、英語では「nationalism」と書き、「民主主義」や「国民主義」と訳されることが多い言葉でもあります。

今回は、そんな少し難しい言葉の「ナショナリズム」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

ナショナリズムの意味とは

ナショナリズムという言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「国家、または民族の統一や独立、発展などを推進することを強調する主義や運動のことを指す言葉。」となります。

そして、2つ目の意味は「人が民族や国家に帰属していると感じ、帰属しようとする世俗的忠誠心を含む感情、もしくはイデオロギー。」となります。

通常、ナショナリズム(nationalism)という言葉は「民主主義」と訳されることが多いですが、「国民主義」や「国家主義、国枠主義」と訳されることもあります。

ナショナリズムを使った文章・例文

  1. ワールドカップなどで日本人だから日本を応援するのは当たり前という発想の根底には健全なナショナリズムがある。
  2. ナショナリズム的精神が強すぎると、職業選択の自由まで脅かしかねない。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ