「呑気」とは?意味や使い方を解説!

「呑気」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「呑気」について解説します。

目次

  1. 呑気
  2. 呑気の意味とは
  3. 呑気を使った文章・例文

呑気

呑気(のんき)」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「呑気」という言葉は、一般的に広く使用されているため耳馴染みのある方が多いのではないでしょうか。

よく、「呑気な人」や「呑気に過ごしている。」といった使い方をします。

のんびりしている様子や気楽な様子といった意味を持つ言葉です。

また、気晴らしをするという意味もありますが、こちらの意味ではあまり使用されていません。

ちなみに「呑気」という漢字は当て字で、正しくは「暖気」と書きます。

今回は、そんな「呑気」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

呑気の意味とは

呑気(のんき)という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「気持ちや性格がのんびりしていること。気楽な様子。こせこせしていないこと。また、その様子。」となります。

使い方としては、「彼は呑気に暮らしている。」や「呑気な人だ。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目の意味は「気晴らしをすること。気散じすること。」となります。

ちなみに、「呑気」という漢字は当て字となり、正しくは「暖気」と書きます。

読み方は、暖を唐読みして「のんき」となります。

中国ではこれを「だんき」と読み、「暖かい気候」という意味で用いていました。

日本では、中世の頃から「気晴らし」や「遊山」という意味で用いられていましが、近世の末期頃から人の気性などを表す言葉として使用されるようになりました。

>

呑気を使った文章・例文

  1. 彼は周りのみんなから呑気な人だと言われているが、実は繊細で計算高い人である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ