「とっておき」とは?意味や使い方を解説!

「とっておき」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「とっておき」について解説します。

目次

  1. とっておき
  2. とっておきの意味とは
  3. とっておきの使い方・例文

とっておき

皆さんは、「とっておき」という言葉をご存知でしょうか。

日常会話でも使われる言葉なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「とっておき」の意味を解説させていただきます。

とっておきの意味とは

>

「とっておき」とは、「出すべき時の為に大事にしまっておくこと」という意味の言葉です。

「取って置き」と表記することもありますが、意味はどちらも同じです。

とっておきは英語表現では「reserve」や「treasured」「best」などの単語になります。

とっておきは様々な物事に対して使える言葉なので、「とっておき」に修飾される言葉が物なのか事なのかなど、英語の場合は使い分けが必要になります。

例えば、デートなどに出かける際はオシャレをする方が多いです。

この時に「とっておきの服で出かける」と言えば、その服は本人にとってとても気合いの入った服、自分を良く見せてくれる最高の服だといえます。

逆に言えば、とっておきの服は普段の買い物など日常では使わない、普段着とは違うという存在となります。

このように、「とっておき」の何かはそう頻繁に表に出す、使うものではなく、いざという時の為に温存するもの、置いておくものを意味しています。

とっておきの使い方・例文

ここで、「とっておき」を使った例文をご紹介します。

1.明日はデートだから、とっておきの服で出かけよう。
2.こんなこともあろうかと、とっておきの作戦があるんだ。
3.新年会で指名されたので、とっておきの隠し芸を披露した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ