「休止」とは?意味や使い方を解説!

「休止」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「休止」について解説します。

目次

  1. 休止
  2. 休止の意味とは
  3. 休止の使い方・例文

休止

皆さんは、「休止(きゅうし)」という言葉をご存知でしょうか。

人気アイドルグループの「嵐」が活動休止を発表したので、見聞きしたことのある方ばかりだと思います。

この記事では、「休止」の意味を解説させていただきます。

休止の意味とは

「休止(きゅうし)」とは、「それまで行っていた物事をやめる、休む」という意味です。

人気アイドルグループの嵐が活動休止を発表したことから注目されている言葉です。

企業活動においても休止という言葉が使われています。
この場合の意味はじぎょや運営などの権利を放棄せず保持したまま活動を停止することを言います。

また、休止には「停止」や「中止」「廃止」など様々な類語があります。

休止・停止・中止・廃止

休止には様々な類語がありますが、微妙なニュアンスの違いがあるのでそれぞれ解説させていただきます。

停止(ていし)」は「動いていたものが途中で止まること」という意味があります。
「作業を停止する」など、一時的に止めることを表現する意味があります。

また、「心臓の鼓動が停止する」など、一時的ではないものに使われることもあります。

中止(ちゅうし)」は「途中でやめること」や「計画を取りやめること」という意味の言葉です。
「取引を中止する」や「発売中止」など、予定されていたことをやめてしまう意味があります。

廃止(はいし)」は「取り止めること」という意味です。
一度行っていたことをやめる、行わなくすることを廃止と言います。
 

休止の使い方・例文

ここで、「休止(きゅうし)」を使った例文をご紹介します。

1.好きな歌手が活動休止を発表した。
2.災害報道によってテレビ番組が放送休止となった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ