「憂鬱」とは?意味や使い方を解説!

「憂鬱」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「憂鬱」について解説します。

目次

  1. 憂鬱
  2. 憂鬱の意味とは
  3. 憂鬱を使った文章・例文

憂鬱

皆さんは、「憂鬱(ゆううつ)」という言葉をご存知でしょうか。
日常的に使われる単語なので、見聞きしたことのある方や日頃から使っている方がほとんどだと思います。

この記事では、「憂鬱」の意味を解説させていただきます。

憂鬱の意味とは

「憂鬱(ゆううつ)」とは、「心が晴れず、暗い気持ち」や「気分が塞がってこもりがちなことや様子」「ネガティブな気持ち」という意味です。
憂鬱の「憂(ゆう)」は「心配」「悩み」といった意味のある漢字で、「鬱(うつ)」は「茂る」「ふさがる」「こもる」などの意味のある漢字です。
朝起きて学校や会社に行く際、何となく「今日は行きたくない」など気乗りしない日はありませんか?そういった、何となくネガティブな気持ちや暗い気持ちなどを憂鬱と言います。
他にも、普段は平気でできていることが何となく億劫になったり、気乗りしないからと先延ばしにしてしまうなど、憂鬱な気持ちになると物事に取り組む力が弱くなってしまいます。
憂鬱になってしまう原因は、天気が悪いことや成績が良くなかったこと、悩みを持っているなど様々なものが挙げられますが、具体的な解決方法は人によっても違います。音楽を聴いたり人に悩みを話すことで気分が晴れる人もいれば、ただじっと憂鬱な気持ちが落ち着くのを待つことで解決する人もいます。

>

憂鬱を使った文章・例文

ここで、「憂鬱(ゆううつ)」を使った例文をご紹介します。

1.明日は苦手科目のテストがあるから憂鬱だ。
2.あまりに憂鬱な気分が続くなら、一度心療内科などに行ってみると良い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ