「三角関係」とは?意味や使い方を解説!

「三角関係」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「三角関係」について解説します。

目次

  1. 三角関係
  2. 三角関係の意味とは
  3. 三角関係を使った文章・例文

三角関係

皆さんは、「三角関係(さんかくかんけい)」という言葉をご存知でしょうか。
ドラマや映画などのフィクション作品で取り扱うことの多い言葉やシチュエーションなので、見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「三角関係」の意味を解説させていただきます。

三角関係の意味とは

「三角関係(さんかくかんけい)」とは、「三人の人間が同時に恋愛関係に陥った複雑な状況」という意味の言葉です。
現代では、恋愛関係は結婚の前段階という考えが一般的です。その為、一夫一妻の日本では恋愛も1対1であることが自然な形だと理解されているので、三人が同時に恋愛関係に陥る形を「三角関係」と呼び、通常の恋愛とは違う複雑なものとして扱っています。
三角関係によく似た言葉に、「横恋慕(よこれんぼ)」があります。横恋慕とは、夫や妻、恋人を持つ人に他人が恋をしてしまうことを差します。
三角関係と横恋慕は似た言葉ですが意味が違います。横恋慕は恋人や伴侶を持つ人に対して他人が恋をしてしまうことを差しますが、三角関係の場合は恋人のいない三人がそれぞれに恋をして奪い合う様子を差します。決まった相手を持つ人に恋をするのが横恋慕、一人の異性を二人が取り合うことを三角関係と呼びます。

三角関係を使った文章・例文

ここで、「三角関係(さんかくかんけい)」を使った例文をご紹介します。

1.山下さんと川上さんは二人とも田中君が好きらしい。面白い三角関係になりそうだ。
2.かっこいい男の子二人に取り合われる三角関係に憧れる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ