「畏敬」とは?意味や使い方を解説!

「畏敬」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「畏敬」について解説します。

目次

  1. 畏敬
  2. 畏敬の意味とは
  3. 畏敬の使い方・例文

畏敬

皆さんは「畏敬(いけい)」という言葉をご存知でしょうか。
普段使わない言葉ですが、意味は漢字からなんとなく分かりますよね。

今回は「畏敬」という言葉について詳しく解説します。

畏敬の意味とは

畏敬とは「偉大な人や高貴な人を、心からおそれうやまうこと」という意味です。
読み方は「いけい」です。
「畏敬の念を抱く」などのように使います。

「畏」は「畏れる」と書いて「おそ・れる」と読みますが、「恐れる」の同訓異字ではありません。
「恐れる」はただ単に対象が恐い、恐怖を抱くという意味です。
しかし「畏れる」の意味はもっと広く、自分より上の存在に対して強い尊敬の念や従属したくなるような気持ちを抱き礼を尽くす、というような気持ちになることを指します。
そのため、「畏敬の念」「畏怖の念」など、後ろにつく言葉によって印象は変わってきますが、いずれも「平伏したくなるような畏れ」というイメージを下敷きにしているのです。
単なる「尊敬の念」よりも強い感情と言えるでしょう。

「畏敬」を覚えるような相手とは、たとえば神仏が挙げられます。
神仏に礼を尽くして祀り敬うことで世を守っていただこうとする、あるいは天罰を恐れて鎮めようとする儀式は、そういった存在に畏敬や畏怖の念を抱くからこそ古くから執り行われてきたのです。
そして、もともとそういった祭祀に携わっていた人々が、のちに政治を行うようになりました。彼らもまた畏敬を集めていたことは想像に難くありませんね。

畏敬の使い方・例文

  1. 神の造りし荘厳な景色に、思わず畏敬の念を抱いた。
  2. ボランティア活動に勤しんでいるお年寄りなどを見ると、畏敬の念を抱かずにいられない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ