「畏怖」とは?意味や使い方を解説!

「畏怖」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「畏怖」について解説します。

目次

  1. 畏怖
  2. 畏怖の意味とは
  3. 畏怖の使い方・例文

畏怖

皆さんは「畏怖(いふ)」という言葉をご存知でしょうか。

「怖い」という漢字が使われていることから、「恐怖」と似た意味でしょうか。
実は、「恐怖」よりももっと深い意味を持つ言葉なのです。

今回は「畏怖」という言葉について詳しく解説します。

畏怖の意味とは

畏怖とは「おそれおののくこと」という意味です。
読み方は「いふ」です。

「畏」は「おそれる」という意味ですが、単純に怖いのとは少し違います。
この漢字が使われる相手に対しては、「尊敬」「敬服」の感情を伴うのです。抗うことのできない神への信仰心からくる「おそれ」や、偉大な為政者や軍師などに対する深い尊敬の意などを表すのが「畏」という漢字なのです。
「畏」がつく言葉は、相手に平伏したくなるような、無条件で従いたくなるような気持ちを込めたものなのです。

つまり似た意味である「恐怖」との違いは、「相手に対して敬い、かしこまる感情が含まれるかどうか」という点にあります。
高圧的で尊敬できない上司に怒鳴られれば「恐怖」は感じるでしょうが「畏怖」は感じない、というわけです。逆に、天災などに襲われて神の怒りを感じればそれは「畏怖」と言えるでしょう。

同じく「畏」を使った言葉に「畏敬(いけい)」があります。
この「畏敬」は「敬」という漢字からもわかる通り、恐怖より「尊敬」の気持ちを強調した言葉です。

畏怖の使い方・例文

  1. 大きな災害の跡地に赴き、天の采配に思わず畏怖の念を抱いた。
  2. 神社仏閣を訪れると、祀られている神仏の威光を感じて畏怖する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ