「真摯」とは?意味や使い方を解説!

「真摯」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「真摯」について解説します。

目次

  1. 真摯
  2. 真摯の意味とは
  3. 真摯の使い方・例文

真摯

真摯」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「しんし」となります。

よく「真摯な姿勢で課題に取り組む。」や「真摯な態度で接する。」といった使い方をします。

幅広い場面で使用される言葉であるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

また、似た意味合いの言葉に「実直(じっちょく)」があります。

同じような場面で使用される言葉ですが、細かな意味合いの違いがあるため、使う際には注意したいところです。

今回は、「実直」についても解説するので、この機会に「真摯」について深く知っていきましょう。

真摯の意味とは

>

真摯とは「まじめで熱心であり、ひたむきなこと。一生懸命に取り組むこと。また、その様子。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「しんし」となります。

使い方としては、「真摯な姿勢で課題に向き合う。」といった表現が一般的です。

また、真摯と似た意味合いの言葉に「実直」があります。

実直とは「誠実であること。陰ひなたのないこと。またはその様子。律儀。実体。」という意味を持つ言葉です。

このように、「真摯」と「実直」は、少し意味が異なるため、使用する際には気を付けたいところです。

真摯の使い方・例文

  1. 大事な顧客からクレームが入ったが、田中君が真摯な姿勢で対応したおかげで事なきを得た。
  2. 彼はどんな小さな仕事にも真摯な態度で取り組む姿勢が評価されて、この春昇進した。
  3. 仕事でミスをしてしまったが、上司から指摘されたことを真摯に受け止め、次に生かしたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ