「勘案」とは?意味や使い方を解説!

「勘案」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「勘案」について解説します。

目次

  1. 勘案
  2. 勘案の意味とは
  3. 勘案の使い方・例文

勘案

勘案」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「かんあん」となります。

よく「さまざまな意見を勘案して決定する。」といった使い方をしますが、皆さんはご存知でしょうか。

ビジネスの場で使用する機会が多い言葉であるため、耳馴染みのある方も多いかと思います。

また、似た意味合いの言葉に「鑑みる」や「検討」、「斟酌」などがあります。

今回は、この3つの言葉についても解説するので、この機会に「勘案」について深く知っていきましょう。

勘案の意味とは

>

勘案とは「あれこれと考えを合わせること。勘考。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「かんあん」となります。

使い方としては「さまざまな意見を勘案して決定事項とする。」といった表現が一般的です。

また、「勘案」には似た意味合いの言葉が複数あります。

似た言葉には「鑑みる」や「検討」、「斟酌」などがあるので、それぞれの意味について解説します。

まず、「鑑みる」とは「手本と照らし合わせながら考える。」という意味を持つ言葉です。

続いて、「検討」とは「物事を多角的に見ながらよく調べ、それで良いのか考えること。」という意味になります。

そして、「斟酌」には、複数の意味がありますが、「条件などを考え合わせ、適当に処理をすること。」といった意味合いで使用されることがあります。

勘案の使い方・例文

  1. 新商品のデザインは、社員全員の意見を勘案して決定するので積極的に発言してほしい。
  2. みんなの意見を勘案して決めたことなので、文句を言うのはやめよう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ