「憚られる」とは?意味や使い方を解説!

「憚られる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「憚られる」について解説します。

目次

  1. 憚られる
  2. 憚られるの意味とは
  3. 憚られるの意味とは

憚られる

憚られる」という言葉の読み方や意味、使い方について解説します。

読み方は「はばかられる」となります。

よく「人前に出るのが憚られる。」といった使い方をしますが、皆さんはご存知でしょうか。

日常会話やビジネスの場でも使用する言葉なので、耳馴染みのある方も多いかと思います。

「憚る(はばかる)」という言葉の未然形に助動詞の「れる」が付いた言葉です。

したがって、意味も「憚る」と同じになります。

意味が2つあるため、使い分けには気を付けたいところです。

今回は、そんな「憚られる」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

憚られるの意味とは

憚られる(はばかられる)とは、「ラ行五段活用の動詞である「憚る」の未然形、「憚ら」に尊敬・自発・可能の助動詞である「れる」が付いた言葉。」という意味になります。

「憚る(はばかる)」とという言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「さしさわりがあるためさしひかえる。遠慮する。」となります。

使い方としては「人前に出ることが憚られる。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目の意味は、「障害があるために進むことをためらう。」となります。

使い方としては「落石があり、これより前に進むのが憚られる。」といった表現が一般的です。

憚られるの意味とは

  1. カフェで服にコーヒーをごぼしてしまい、人前に出るのが憚られる。
  2. 山道で車を運転していたところ、落石がありこれより前に進むのが憚られる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ