「当該」とは?意味や使い方を解説!

「当該」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「当該」について解説します。

目次

  1. 当該
  2. 当該の意味とは
  3. 当該の使い方・例文

当該

当該」という言葉の読み方や意味、使い方について解説します。

読み方は「とうがい」となります。

よく「当該の商品」や「当該企業」といった使い方をしますが、皆さんはご存知でしょうか。

ビジネスの場で使用する言葉であるため、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、似た言葉に「該当」があります。

今回は、該当についても解説するので、この機会に「当該」について詳しく知っていきましょう。

 

当該の意味とは

>

当該(とうがい)という言葉の意味は大きく分けて3つあります。

まず、1つ目の意味は「そのことに関係があること。現在話題に事柄に直接関係すること。」となります。

使い方としては「当該官庁」や「当該事項」といった表現が一般的です。

次に、2つ目の意味は「まさにそのもの。」となります。

使い方としては「当該の商品。」といった表現が一般的です。

そして、3つ目の意味は「その担当であること。」となります。


また、当該と似た言葉に「該当」があります。

該当とは「ある条件や資格などに当てはまること。適合すること。」という意味を持つ言葉です。

意味合いも似ていますが、細かなニュアンスの違いがあるため、混同しないように気をつけたいところです。

当該の使い方・例文

  1. 当該商品のデザインに修正点がある場合は、来週までに対応します。
  2. 生産ラインの不具合により異物混入の疑いがある当該商品をすべて回収することになり、莫大な損害が発生した。
  3. 当該案件について、各部署の意見を聞きたいので代表者は期日までにまとめるように。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ