「含蓄」とは?意味や使い方を解説!

「含蓄」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「含蓄」について解説します。

目次

  1. 含蓄
  2. 含蓄の意味とは
  3. 含蓄の使い方・例文

含蓄

含蓄」という言葉という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「がんちく」となります。

2つの意味がある言葉で、よく「鉄分を含蓄している」や「含蓄のある言葉」といった使い方をします。

やや難しい表現で、日常会話の中で使用する場面は少ないです。

主に、本や新聞などの文章の中で使用される言葉になります。

読んで字のごとく「内に含み蓄えること。」といった意味を持ちます。

難しい言葉ですが、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「含蓄」という言葉について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

含蓄の意味とは

含蓄という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

読み方は「がんちく」となります。

まず、1つ目は、「内や中に含みを持っていること。内部に含み蓄えること。」という意味になります。

使い方としては、「少量の鉄分を含蓄している。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目は、「言葉や表現などにおいて、表には現れない深い意味や内容が込められていること。意味に深みがあり、味わいのある内容を持っていること。」という意味になります。

使い方としては「含蓄のある話ができる人。」といった表現が一般的です。

含蓄の使い方・例文

  1. このサプリメントは鉄分を含蓄しているため、貧血になったときに飲んでいる。
  2. 読書家の彼はいつも含蓄のある話をしてくれるので、私も見習って読書を始めた。
  3. 含蓄のある文章を書ける人が羨ましい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ