「ケンモメン」とは?意味を解説します!

「ケンモメン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ケンモメン」について解説します。

目次

  1. ケンモメン
  2. ケンモメンの意味とは

ケンモメン

ネット語「ケンモメン」という言葉について解説します。

ネット上、特に2ちゃんねる界隈の方たちが使う言葉の中の一つにこの「ケンモメン」という言葉があります。

掲示板やSNSを利用しない方にとっては未知の言葉だと思いますし、見かけたことはあるけれど意味は知らないといった方も多いかもしれません。

ここではそんな「ケンモメン」という言葉について、意味を紹介していきます。

使うことが無いとしても、ちょっとした豆知識としても楽しめると思いますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

ケンモメンの意味とは

ケンモメンとは「2ちゃんねるの嫌儲民である男性」のことを指すネットスラングとなっています。

嫌儲(けんもう)の男性(メン)ということで、ケンモメンとなったようです。

カタカナ表記なのは嫌儲民と表記するのは手間が掛かることや読みにくいことから、簡単にタイピングできて読めるカタカナになったという説があります。

ちなみに、顔文字では(ヽ´ん`)と表現されて、名前はけんもうくんと呼ばれています。

嫌儲の男性はケンモメンですが、嫌儲の女性はというと、現在のところ定着するような呼称は決まっていないようです。

嫌儲とは?

嫌儲とは、2ちゃんねるで生まれたネット造語で、金儲けする活動を嫌う=2ちゃんねるのまとめサイトがアフィリエイトで稼ごうとするのに利用されるのを嫌うことを意味して生まれた言葉です。

2ちゃんねるで使われていた嫌韓という言葉と掛けて造られたとも言われており、嫌儲の人=嫌儲民と呼ばれひとつのまとまりと認知されています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ