「ワロス曲線」とは?意味を解説します!

「ワロス曲線」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ワロス曲線」について解説します。

目次

  1. ワロス曲線
  2. ワロス曲線の意味とは

ワロス曲線

ワロス曲線」という言葉について解説します。

完全ネット用語といった語感を持つこの「ワロス曲線」ですが、今では金融経済用語として一部の間で定着しているとも言われています。

なかなか油断ならない言葉といった印象ですが、この言葉が初見の方にはなんのことかさっぱり分からないのではないでしょうか。

ここではそんなワロス曲線という言葉について、その意味や成り立ちを紹介していきます。

金融系に興味のない方は実際に使うことはないかもしれませんが、豆知識として読んでも面白いとおもいますので、ぜひ最後までご覧になってください。

ワロス曲線の意味とは

ワロス曲線とは別名「韓銀砲」とも呼ばれ、「2005年~2008年頃に韓国ウォンと米ドル為替チャートに見られたグラフの波形のこと」を指しています。

韓国ウォンが値上がりしたすぐ後に値下がりし、またすぐに値上がり、値下がりという異常なチャートが延々と繰り返されたことによってその波形の形が\/\/\/\/となり、それがネット上で笑う時に使われる「www」の形のように見えたことからきています。

転じて、似たような動きをしているチャートを総じて「ワロス曲線」と呼ぶようになっているようです。

日銀砲・韓銀砲とは

ワロス曲線の別名にもなっている「韓銀砲」とは、韓国銀行砲の略で、韓国ウォンの値上がりし過ぎるのを防ぐ目的で韓国銀行が為替介入することを言います。

同じく、日本銀行が日本円に対して同じ目的で為替介入することを「日銀砲」と言います。

なぜ「砲」と言うのかというと、お金のことを「実弾」と呼んだりすることからと言われています。

韓国も日本も輸出立国なので、為替の値上がりが損出に直結するので、このようなことが度々起きるようです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ