「逃がした魚は大きい」とは?意味や使い方を解説!

「逃がした魚は大きい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「逃がした魚は大きい」について解説します。

目次

  1. 逃がした魚は大きい
  2. 逃がした魚は大きいの意味とは
  3. 逃がした魚は大きいを使った文章・例文

逃がした魚は大きい

逃がした魚は大きい」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

仕事や恋愛など、様々な場面で使われる言葉で、日常生活をはじめとして、ニュースや新聞など広く用いられています。

知っていると生活の上で気持ちが楽になる言葉でもありますので、この機会にしっかりと意味を理解しておきましょう。

ここではそんな「逃がした魚は大きい」について、意味や使い方、類語などをご紹介していきます。

逃がした魚は大きいの意味とは

逃がした魚は大きいとは、「一度手にしかけてから失うと、実際よりも大きく感じてしまうこと」を意味します。

大きなチャンスや、高価なものを失うことではなく、もうすぐで手に入るところだったもの、あるいは手にしていたのに失ってしまったものは、実際の価値よりも大きく感じてしまうことを指します。

別れた相手がその後大きな成長や成功を果たしているときなど、仕事や恋愛など広い場面で用いられています。

逃がした魚は大きいの類語

類語には、「逃がした物に小さなもの無し」や「逃げた鯰(なまず)は必ず大きい」など、同じ魚を使った表現が多いですが、中には「死んだ子は賢い」のような表現もあります。

「死んだ子は賢い」とは、亡くなった子どもほどその能力が高かったのではないかと、惜しむ気持ちがより強くなるという意味になります。

逃がした魚は大きいを使った文章・例文

  1. もうすぐで大口の契約が取れるところだったのに、逃がした魚は大きい。
  2. 高校の頃に振った女の子が、卒業後に人気アイドルになったと知って、逃がした魚は大きいと思った。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ