「二度あることは三度ある」とは?意味や使い方を解説!

「二度あることは三度ある」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「二度あることは三度ある」について解説します。

目次

  1. 二度あることは三度ある
  2. 二度あることは三度あるの意味とは
  3. 二度あることは三度あるを使った文章・例文

二度あることは三度ある

「二度あることは三度ある」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「にどあることはさんどある」となります。

この「二度あることは三度ある」という言葉は、日常生活やビジネスの場でも自然と使用されることがあるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

「物事は繰り返して起こる傾向があるため失敗を繰り返さないように。という戒め。」などという意味を持つ言葉です。

また、似た言葉に「三度目の正直」があります。

今回は、「三度目の正直」についても解説するので、この機会に「三度目の正直」について詳しく知っていきましょう。
 

二度あることは三度あるの意味とは

>

二度あることは三度あるとは「物事は繰り返して起こる傾向がある。したがって、失敗を繰り返さないように。という戒め。」という意味を持つ言葉です。

同じような出来事が二度起きると、また繰り返されることもあるから、良くないことが再び起こらぬように気をつけよという意味合いがあります。

よく、悪いことが二度続いたときに使用される言葉です。

また、似た言葉に「三度目の正直」があります。

三度目の正直とは「勝負事や占いなどにおいて、一度目と二度目の結果は当てにならないが、三度目は確実であること。これが転じて、物事は三度目には思い通りの結果になる。また、確かさの確率が三分の一であること。三度目は定の目。」という意味を持つ言葉です。

よく、物事や勝負事に失敗しても三度目の挑戦をする際に使用されます。

二度あることは三度あるを使った文章・例文

  1. 二度あることは三度あるというから、またミスをしないように気を付けよう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ