「寝る子は育つ」とは?意味や使い方を解説!

「寝る子は育つ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「寝る子は育つ」について解説します。

目次

  1. 寝る子は育つ
  2. 寝る子は育つの意味とは
  3. 寝る子は育つを使った文章・例文

寝る子は育つ

寝る子は育つ(ねるこはそだつ)」という言葉をご存知でしょうか?

昔からよく聞く言葉ですよね。
いつからこの言い伝えが広まったのかは定かではありませんが、あながちただの迷信というわけではないのです。

今回は、知って納得「寝る子は育つ」について解説します。

寝る子は育つの意味とは

「寝る子は育つ(ねるこはそだつ)」とは、よく寝る子は丈夫に育つという意味のことわざです。

日ごろからよく眠るのは元気な証拠で、丈夫ですくすくと育つということ。

「寝る子は育つ親助け」とも言われています。
病気ひとつせず育つから、親の心配事も少なくなるということでしょうね。

いつからこのことわざが広まったのかは不明ですが、実際によく寝る事で、成長ホルモンが分泌され、骨や筋肉の成長を促すことが科学的に証明されています。

また、睡眠は、免疫力の向上を促すため病気になりにくい体を作るのに役立つのです。

「寝る子は育つ」とは、科学的根拠を知らなくても、昔の人の経験則から生まれた言葉なのかもしれません。

寝る子は育つの類義語

「寝る子は育つ」の類義語として、「泣く子は育つ(なくこはそだつ)」という言葉があります。

これは、大きな声で泣くのは元気な証拠だから、その子は丈夫に育つという意味のことわざです。

泣くことで体力を使い食欲が旺盛になり、疲れてよく眠るようになるから、よく泣く子は元気に育つと云われています。
実は、この「泣く子は育つ」もただの迷信ではなく、赤ちゃんの大事な発達段階なのです。

寝る子は育つを使った文章・例文

1.寝る子は育つとは云うけれど、この子は夜泣きもせずにずっと寝てるね。
2.寝る子は育つっていうでしょう。早く寝ないと大きくなれないよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ