「義理」とは?意味や使い方を解説!

「義理」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「義理」について解説します。

目次

  1. 義理
  2. 義理の意味とは
  3. 義理を使った文章・例文

義理

皆さんは、「義理(ぎり)」という言葉をご存知でしょうか。
一般的に使われる単語なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「義理」の意味を解説させていただきます。

義理の意味とは

「義理(ぎり)」とは、「物事の正しい道筋」「対人関係や社会関係において守るべき道理」という意味の言葉です。
日本では世間という空間において、周囲や相手といった外面からの評価を基本とする「恥の文化」を持ちます。義理を欠くことは恥であり、道理に反するとされて来ました。
現代の義理は、日本の社会において社交上の礼儀を盛った行動規範を言います。冠婚葬祭などの場において義理を欠くことが無いように、地域に合わせた礼節に基づく行為を執り行います。義理は無用なトラブルを避ける為の手法でもあるので、大切にしましょう。
また、義理には「本当はやりたくないが、仕方なしに行う事柄」という意味合いもあります。バレンタインの「義理チョコ」などがこれに相当しています。
義理チョコは特に興味の無い相手に、社交上の義理として贈るチョコのことを言います。あくまで仕方なしに贈っているものなので、質も価格も本命チョコよりも下回ることがほとんどです。
他にも、血縁以外の者が婚姻などを経て血縁と同等の関係を結ぶことも、義理と言います。配偶者の父母を「義父母」と呼ぶなどの用例がこれに当たります。

義理を使った文章・例文

ここで、「義理(ぎり)」を使った例文をご紹介します。

1.義理チョコを本命と勘違いされるのは迷惑だ。
2.受けた恩を返すのは当然の義理だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ