「要領」とは?意味や使い方を解説!

「要領」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「要領」について解説します。

目次

  1. 要領
  2. 要領の意味とは
  3. 要領を使った文章・例文

要領

皆さんは、「要領(ようりょう)」という言葉をご存知でしょうか。
「要領を得ない(ようりょうをえない)」などの言葉で使われる単語なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「要領」の意味を解説させていただきます。

要領の意味とは

「要領(ようりょう)」とは、「物事の中で最も重要な部分、要点」「物事の要点をつかんだ上手な処理の仕方」という意味の言葉です。
物事を上手にかいつまむことで的確に素早く処理できる人を指して、「要領の良い人」と言います。要領の良い人は物事の中で重要な部分、要点を見付けてそれをかいつまむことで、複数の物事を同時に解決するなど、頭の回転が速い人を指すこともあります。
また、「要領を得ない」というフレーズで使われることもある単語ですが、こちらは「物事の重要な点、要点がつかめず説明が不明瞭である」など、物事の状態が分かりづらいことを指して使われる言葉です。
「要領の良い人」、「要領の悪い人」の「要領」は物事の処理の巧拙を表します。それに対し、「要領を得る」「要領を得ない」は、ある事柄の重要な点を表します。このように、同じ単語でも何を指しているかが異なるので、前後の文と共に判断をしましょう。

要領を使った文章・例文

ここで、「要領(ようりょう)」を使った例文をご紹介します。

1.彼女はとても要領が良いので、色々な物事を任せてもすぐに解決してくれる。
2.小さな子供の説明はどうにも要領を得ないので、少々苦手だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ