「ご用命」とは?意味や使い方を解説!

「ご用命」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご用命」について解説します。

目次

  1. ご用命
  2. ご用命(ごようめい)の意味とは
  3. ご用命の使い方・例文

ご用命

ご用命(ごようめい)」という言葉について解説します。

「なんなりとご用命くださいませ」といった感じで、ビジネスの場などでしばしば使われる言葉といったイメージではないでしょうか。

身近なところでは皆さんもよく使われる宅配便、クロネコヤマトの音声ガイダンスで「お荷物のご用命は」という言い回しがあります。

ここではそんな「ご用命」という言葉について意味、使い方などを紹介していきます。

なんとなく意味は把握しているとは思いますが、ここで一度きちんとした意味や使い方を整理してみてはいかがでしょうか。

ぜひ最後までご覧ください。

ご用命(ごようめい)の意味とは

ご用命(ごようめい)とは「用事をいいつける、注文するという意味の「用命」の丁寧な表現」という意味の言葉となっています。

ということで、「なんなりとご用命ください」といったように目上の人やお客に対して受け身で使われる言葉となります。

ちなみに、さきほど出たクロネコヤマトの音声ガイダンス「お荷物のご用命」といった場合、荷物の用事という意味になりますが、これは「集荷」を意味しており、「配達」ではないので注意してください。

ネットなどを見ると、この言い回しで意外とこんがらがってしまう方が多いようです。

ご用命の使い方・例文

  • 革製品をご用命の際はぜひ弊社にお申し付けください。
  • ご用命いただきました件につきまして、最終報告をさせていただきます。
  • 「△△△のご用命はOOOに」という言い回しは、昭和の地方コマーシャルを感じさせる懐かしさがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ