「既成事実」とは?意味や使い方を解説!

「既成事実」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「既成事実」について解説します。

目次

  1. 既成事実
  2. 既成事実(きせいじじつ)の意味とは
  3. 既成事実の使い方・例文

既成事実

既成事実(きせいじじつ)」という言葉について解説します。

「既成事実を作る」「既成事実化する」といった言い回しで使われることが多い「既成事実」という言葉。

皆さんもどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

字面や語感からビジネス、政治で使われる堅いイメージといった感じがあるかもしれませんが、意外と恋愛などのソフトな話題でも使われたりする言葉でもあります。

ここでは、そんな広く使われる「既成事実」という言葉の意味や使い方を紹介していきますので、きちんと整理・把握して使いこなせるようになってみてはいかがでしょうか。

ぜひ最後までご覧になってみてください。

既成事実(きせいじじつ)の意味とは

>

既成事実(きせいじじつ)とは「すでに起こっていて、承認すべき事柄」「認めざるをえない事実」という意味の言葉となっています。

例えば、まだリーダーが決まっていないグループで、仕切り役をやっている人はリーダーとしての既成事実が作られている。といった感じになります。これを狙ってやるのが「既成事実を作る」ということになります。

既成事実化という言葉がありますが、これは実質的なリーダーがいるという状況で、それをみんなに認めさせるといった感じになります。

ちなみに、恋愛においての既成事実の代表例が子供のようです。結婚の既成事実というわけですね。他にも、交際の既成事実として、ペアリングをつける。というようなものもあるようです。

既成事実の使い方・例文

  • 彼が既成事実を作ってくれておいたおかげで、上層部の承認が早くおりた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ