「お納めください」とは?使い方や返し方を解説!

「お納めください」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「お納めください」について解説します。

目次

  1. お納めください
  2. お納めくださいの意味とは
  3. お納めくださいの使い方・例文

お納めください

お納めください。」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「お納めください。」という言葉は、ビジネスの場や冠婚葬祭などのかしこまった場で使用されることが多いです。

具体的には、相手に贈り物を差し出す際などに用いられる言葉ですが、皆さんはご存知でしょうか。

よく「記念の品を持参致しましたので、どうぞお納めください。」といった使い方をします。

かこまった場で使用する言葉は、意味をしっかりと理解していないと恥をかいてしまう恐れがあるので、この機会に「お納めください。」について深く知っていきましょう。

お納めくださいの意味とは

お納めくださいとは「相手に贈り物を差し出す際に使用する表現。どうぞ、受け取ってください。」というような意味を持つ言葉です。

納めるという言葉には「決まった場所にしまう。」「受取り手に渡す。」といった意味合いがあります。

「お納めください。」という言葉は尊敬語であるため、主に目上の人に対して使用します。

使用する場面としては、ビジネスの場や冠婚葬祭の場にいおいて、目上の人に対して使用することが多いです。

お納めくださいの使い方・例文

  1. 心ばかりの品で恐縮ですが、どうぞお納めください。
  2. お見舞いの品を郵送致しましたので、お納めくださいませ。

お納めくださいの返し方

「お納めください」という言葉への返し方は、「頂戴いたします。」や「頂きます。」などが一般的です。

例えば「記念の品をご用意致しましたので、お納めください。」と言われた際には「有難く頂戴致します。」といった返し方が自然です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ