「箸が転んでもおかしい年頃」とは?意味や使い方を解説!

「箸が転んでもおかしい年頃」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「箸が転んでもおかしい年頃」について解説します。

目次

  1. 箸が転んでもおかしい年頃
  2. 箸が転んでもおかしい年頃の意味とは
  3. 箸が転んでもおかしい年頃を使った文章・例文

箸が転んでもおかしい年頃

箸が転んでもおかしい年頃」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「箸が転んでもおかしい年頃」という言葉は、主に若い女性に対して使用されますが、皆さんはご存知でしょうか。

何でもないことや他愛もないことでも笑ってしまう年頃といった意味がある言葉です。

よく「箸が転んでもおかしい年頃だから、些細なことでも笑ってしまうんだね。」といった使い方をします。

日常会話の中で自然と使用する言葉になります。

今回はそんな「箸が転んでもおかしい年頃」という言葉について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

箸が転んでもおかしい年頃の意味とは

箸が転んでもおかしい年頃とは「何でもないことや他愛もないことでもよく笑う年頃。」という意味を持つ言葉です。

具体的な年代に明確な定義はありませんが、特に思春期の娘や20代前半の女性に対して使用されます。


由来はその言葉の通り、箸が転ぶという一見何でもないことでもおかしくてたまらない年頃という意味合いからきています。

感受性が豊かな思春期や多感な年頃の女性を例えた表現です。


 

箸が転んでもおかしい年頃を使った文章・例文

  1. うちの娘は、箸が転んでもおかしい年頃だからいつもゲラゲラ笑っていて羨ましい。
  2. 私のような年になると些細なことでは笑わないので、箸が転んでもおかしい年頃の女の子を見ているとつくづく羨ましいと思う。
  3. いくら箸が転んでもおかしい年頃だといっても人のミスをそんなに笑うのは許されないよ。
  4. 箸が転んでもおかしい年ごろの彼女は、友達の弁当の中身が偏っているのを見ただけでしばらく笑っていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ