「腹が減っては戦ができぬ」とは?意味や使い方を解説!

「腹が減っては戦ができぬ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「腹が減っては戦ができぬ」について解説します。

目次

  1. 腹が減っては戦ができぬ
  2. 腹が減っては戦ができぬの意味とは
  3. 腹が減っては戦ができぬを使った文章・例文

腹が減っては戦ができぬ

腹が減っては戦ができぬ」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「腹が減っては戦ができぬ」とは、「物事を行うときに空腹な状態では十分な働きができない。」といった意味を持つ言葉ですが、皆さんは聞いたことがあるでしょうか。

よく、時代劇などで耳にする言葉です。

また、ビジネスの場などで食事も摂らずに頑張っている人などに対して使用することもあります。

今回はそんな「腹が減っては戦ができぬ」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

腹が減っては戦ができぬの意味とは

腹が減っては戦ができぬとは「物事を行う際に空腹の状態では、良い働きができないという例え。」という意味を持つ言葉です。

使い方としては「そんなに根詰めないで、まずは腹ごしらえをしよう。腹が減っては戦ができぬ。」といった表現が一般的です。

「戦」という言葉が入っていることから、戦争において兵站が重要になるといった意味合いに感じる方もいるかもしれませんが、実際には物事の大小にかかわらず、まずは腹ごしらえが大切といった意味合いで使用さます。

由来は意味の通り「腹が減っていては十分に活動することも戦うこともできない。したがって、物事に取り組む際には、腹ごしらえをしてしっかりエネルギーを摂っておくべきだ。」という例えになります。

ちなみに、言葉の中にある「戦」は「軍」とも書く場合があります。

腹が減っては戦ができぬを使った文章・例文

  1. 腹が減っては戦ができぬと言うから、ご飯も食べずに勉強していると頭に入らないよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ