「先勝」とは?意味や使い方を解説!

「先勝」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「先勝」について解説します。

目次

  1. 先勝
  2. 先勝の意味とは
  3. 先勝の使い方・例文

先勝

皆さんは、「先勝(せんしょう、さきがち)」という言葉をご存知でしょうか。

六曜の一つなので、カレンダーで目にしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「先勝」の意味を解説させていただきます。

先勝の意味とは

「先勝(せんしょう、さきがち)」とは、「何事も急ぐと良い日」という意味の言葉です。

先勝は大安(たいあん)などと同じく六曜の一つです。
何事も急ぐと良い日、という意味を持つ言葉ですが、それを一日に当て嵌め「午前中は吉だが午後からは凶」という解釈をされています。

カレンダーに先勝と書いてある日は、午後2時までにやりたいことを済ませる、結婚式などおめでたいことを済ませるというのが、日本での風習となっています。

日本で最もお祝い事の多い日が「大安(たいあん)」と呼ばれる日です。
この日は結婚式などのお祝い事が非常に多く、会場の予約が取れないので先勝に行うこともあります。

先勝の場合、入籍など時間のかからないものを午前中に行い、午後2時までに結婚式を始めれば縁起が良いとされています。

おめでたい行事のある日は、カレンダーをよく見て六曜を参考にしてみましょう。

先勝の使い方・例文

ここで、先勝(せんしょう、さきがち)」を使った例文をご紹介します。

1.結婚式は来週の先勝に挙げようと思っている。
2.先勝の午後にしか式場の予約ができないのだから、日程を変えた方が良いと思う。
3.もう先勝の午後になってしまったので、6時までは大人しく過ごそう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ