「大安」とは?意味を解説します!

「大安」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「大安」について解説します。

目次

  1. 大安
  2. 大安の意味とは

大安

皆さんは、「大安(たいあん)」という言葉をご存知でしょうか。

宝くじ売り場などで「大安吉日(たいあんきちじつ)」という言葉を目にしたり、カレンダーで目にしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「大安」の意味を解説させていただきます。

大安の意味とは

>

「大安(たいあん)」とは、六曜の一つで「大いに安し」という意味のある言葉です。

「たいあん」という読み方をします。

まれに「おおやす」という読み方をする方がいますが、六曜においては「たいあん」が正しい読み方なので覚えておきましょう。

大安は六曜の中で最も良い日となり、一日中何をやっても吉とされています。
その為、カレンダーに「大安」と書かれている日は結婚式や旅行、開店、引っ越しなどの大きなことを行うのに適しています。

六曜の起源は中国とされ、日本では鎌倉時代から室町時代にかけて伝来したとされています。
広く知られるようになったのは江戸時代の末期ですが、明治時代には迷信として一度は政府に禁止されてしまいました。

六曜は根拠が無いことから、公共機関が作成するカレンダーでは使用されないという特徴があります。

他にも六曜の掲載を取りやめるよう指導している機関もあるので、カレンダーに六曜が書いていないことも少なくありません。

また、最近では宝くじ売り場でも「大安吉日」として宝くじの購入を勧めることも多くなっています。

大安は一日中吉で、何をやっても縁起や運勢が良い、新しいことを始めるのに適した日なので、それに合わせ宝くじ売り場でも大安の日は購入を強く訴えています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ