「警鐘」とは?意味や使い方を解説!

「警鐘」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「警鐘」について解説します。

目次

  1. 警鐘
  2. 警鐘の意味とは
  3. 警鐘の使い方・例文

警鐘

皆さんは、「警鐘(けいしょう)」という言葉をご存知でしょうか。

「警鐘を鳴らす(けいしょうをならす)」などのフレーズで見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「警鐘」の意味を解説させていただきます。

警鐘の意味とは

「警鐘(けいしょう)」とは、「警告の為に鳴らす鐘」「良くないことが起きることを予告し、警戒を促す」という意味の言葉です。

昔は火災や洪水など、災害が起こるとカンカンと鐘を鳴らして周囲に警戒を呼び掛けていました。
この鐘を「半鐘(はんしょう)」と呼びました。

現代ではほとんど半鐘を使うことは無く、代わりにサイレンを用いて危険を知らせています。
サイレンが主流になった今では、警鐘を「警告の為の鐘」という意味で使うことは少なくなりました。

現代においての「警鐘」は、「良くないことが起きる前に警戒を呼びかける」という意味で使われています。特に識者や有名人などが社会の状況を見て警告を呼びかけるという文脈で使用されています。

また、警鐘は「警鐘を鳴らす」や「警鐘の促す」という形で使用されます。

「警鐘する」という使い方をする方がいますが、これは間違いです。
警鐘は名詞であり動詞にはならないので、「鳴らす」や「促す」といった動詞を合わせて使いましょう。

警鐘の使い方・例文

ここで、「警鐘(けいしょう)」を使った例文をご紹介します。

1.昨今のSNS事情に、専門家が警鐘を鳴らす。
2.警鐘の促す通り、このまま物事を進めるのは危険だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ