「量産型オタク」とは?意味や使い方を解説!

「量産型オタク」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「量産型オタク」について解説します。

目次

  1. 量産型オタク
  2. 量産型オタクの意味とは
  3. 量産型オタクを使った文章・例文

量産型オタク

量産型オタク」という言葉について解説します。

皆さんはこの「量産型オタク」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

中年男性にとっては量産型といえば「ザク」一択だと思いますが、ある種の若者の間では量産型といえばオタクとなってきいます。

ということで「量産型オタク」とはなんなのか。どのようなものなのか紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき、量産型オタクについて理解を深めてみてください。

量産型オタクの意味とは

量産型オタクとは「ゆるふわフリフリの恰好をしたジャニーズオタク」のことを指す言葉となっています。

ジャニーズオタクということで、従来のいわゆるザ・オタクからは切り離して考えると分かりやすいかもしれません。

ある特定のブランドの服を来てバッグにジャニーズで応援しているメンバーのイニシャルチャームをつける。というのがお決まりのコーディネートとなっており、同じような恰好をしていることから「量産型」とついていると言われています。

イニシャルチャームというのはイニシャル付きキラキラしたキーホルダーのようなものですが、ピンクなどパステルカラーのゆるふわフリフリの服装などのセットを量産型オタクコーデと呼ぶようです。

従来のオタクコーデ(赤いバンダナ・リュック・ジーンズ)とはかけ離れた、別物のオタクといえそうです。

量産型オタクを使った文章・例文

  • 量産型オタクになりたい人用のコーデセットもネットに売られていたりする。
  • SNSではハッシュタグ「量産型オタク」「量産型」が用いられる

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ