「若輩者」とは?意味や使い方を解説!

「若輩者」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「若輩者」について解説します。

目次

  1. 若輩者
  2. 若輩者の意味とは
  3. 若輩者の使い方・例文

若輩者

皆さんは、「若輩者(じゃくはいもの)」という言葉をご存知でしょうか。

ビジネスシーンで使われることのある言葉なので、社会人であれば見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「若輩者」の意味を解説させていただきます。

若輩者の意味とは

「若輩者(じゃくはいもの)」とは、「歳が若い人」「経験が浅く未熟な人」という意味の言葉です。

「じゃくはいもの」という読み方をします。

読み方が難しい単語なので、間違えないように注意が必要です。
若輩者は「若い人」という意味のある単語ですが、何歳であれば使って良い、何歳になったら使わないなどの基準はありません。

また、若輩者は「経験が浅い」という意味があることから、新人が謙遜のつもりで「まだまだ若輩者ですが」などという使い方をしてしまいますが、これは間違った使い方です。

若輩者は、ビジネスの場において「自分より目下の人を他人に紹介する」際に使用する言葉だとされています。

他にも、ある程度役職や年齢のある人が、与えられた役割や役職に対し経験不足であることを言う為の謙遜の言葉です。

いずれにせよ、若い人や新人が使う言葉ではないので注意が必要です。

若輩者の使い方・例文

ここで、「若輩者(じゃくはいもの)」を使った例文をご紹介します。

1.若輩者の為ご迷惑をおかけすると思いますが、ご指導ご鞭撻の程をよろしくお願いいたします。
2.若輩者なので行き届かない点もあると思いますが、精一杯務めさせていただく所存です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ