「安物買いの銭失い」とは?意味や使い方を解説!

「安物買いの銭失い」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「安物買いの銭失い」について解説します。

目次

  1. 安物買いの銭失い
  2. 安物買いの銭失いの意味とは
  3. 安物買いの銭失いを使った文章・例文

安物買いの銭失い

皆さんは、「安物買いの銭失い(やすものがいのぜにうしない)」という言葉をご存知でしょうか。
ことわざの一つなので、見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。

この記事では、「安物買いの銭失い」の意味を解説させていただきます。

安物買いの銭失いの意味とは

「安物買いの銭失い(やすものがいのぜにうしない)」とは、「値段の安い物は品質が悪いので、安いからと言って買うと後々修理や買い替えなどで結局高くついてしまうこと」という意味の言葉です。
類語として、「安かろう悪かろう(やすかろうわるかろう)」が挙げられます。
どうしても同じ用途の商品を比べた場合には価格で品質に差が出てしまいます。特にセールなど、値引きされるものには相応の理由があるので、安いからと言ってすぐに購入すべきではないという教えです。
現代ではアウトレットショップや100円ショップなどでも安価にそれなりの品質のものを購入することができますが、それでも結局は買い替えや修理などで高いお金が必要になってしまうこともあります。
物を買う際に安さを重視するのは大切なことですが、安物買いの銭失いにならないように品質などをしっかりと見極めて買い物をしましょう。

安物買いの銭失いを使った文章・例文

ここで、「安物買いの銭失い(やすものがいのぜにうしない)」を使った例文をご紹介します。

1.バーゲンセールで買った服がすぐにほころびてしまった。安物買いの銭失いとはこのことだ。
2.奮発して高い家電を買ったら、安い物よりずっと使いやすいし修理の回数も少なく済んでいる。安物買いの銭失いにならなくて本当に良かった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ