「寄らば大樹の陰」とは?意味や使い方を解説!

「寄らば大樹の陰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「寄らば大樹の陰」について解説します。

目次

  1. 寄らば大樹の陰
  2. 寄らば大樹の陰の意味とは
  3. 寄らば大樹の陰を使った文章・例文

寄らば大樹の陰

寄らば大樹の陰」ということわざの意味や使い方について解説します。

この「寄らば大樹の陰」ということわざは、あまり有名でないため耳馴染みのない方も多いかもしれません。

「身を寄せるなら大木の下が安全である。」という意味を持つことわざです。

大木を大きな勢力と例えて、同じように頼るなら勢力がある人に頼ったほうが良いといった意味で使用します。

よく「大木の陰というように、大企業に勤めた方が安泰と考える若者が多い。」といった使い方をします。

また、対義的なことわざに「鶏口午後」があります。

今回は、鶏口午後についても解説するので「寄らば大樹の陰」について、この機会に深く知っていきましょう。

寄らば大樹の陰の意味とは

寄らば大樹の陰とは「身を寄せるなら、大木の下が安全である。同じように頼るなら勢力がある人が良い。」というたとえの意味を持つことわざです。

使い方としては「寄らば大樹の陰というから中小よりも大企業に入りたい若者が多いらしい。」

また、この「寄らば大樹の陰」と対義的なことわざに「鶏口午後」があります。

鶏口午後とは「大きな組織や集団の中で下にいて使われるよりも、小さい組織や集団であっても長になった方が良い。」というたとえの意味を持つことわざです。

もともとは「鶏口となるも午後となるなかれ」ということわざが語源なので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

 

>

寄らば大樹の陰を使った文章・例文

  1. 寄らば大樹の陰というように、権力者にばかりすり寄る彼のことは信用できない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ