「リスクヘッジ」とは?意味や使い方を解説!

「リスクヘッジ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リスクヘッジ」について解説します。

目次

  1. リスクヘッジ
  2. リスクヘッジの意味とは
  3. リスクヘッジの使い方・例文

リスクヘッジ

リスクヘッジ」という言葉について解説します。

あまり日常の中で登場することは少ない言葉だと思いますが、一般の間でも徐々に見聞きすることが増えてきている言葉だともいえるこの「リスクヘッジ」という言葉。

仕事、ビジネスの場や為替などのシーンではむしろ当たり前のように使われていますが、みなさんはこの言葉の意味をご存知でしょうか。

リスクという言葉からなんとなく意味の輪郭は分かりそうな気もしますが、ここでは「リスクヘッジ」という言葉の意味・使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・把握してみてください。

リスクヘッジの意味とは

>

リスクヘッジとは一般的には「危険を避けること」を意味しています。株式や為替の資産運用の分野では「分散投資してリスクを抑えること」を意味する言葉となっています。

日常など一般的にリスクヘッジという言葉を耳にするのは事故、失業、保険のCMなどが多いのではないでしょうか。これは「危険を避ける」という意味で登場しているのが分かると思います。

ちなみに、ヘッジとは「資産運用などでリスクを回避するために行う投資」という意味の言葉となっており、リスクとヘッジの二つがくっついた言葉です。

ビジネスの場では不安要素を取り除く、危険なことを避けるという意味でカタカナ語としてリスクヘッジが使われているようです。

リスクヘッジの使い方・例文

  • 仕事ができる人間ほどリスクヘッジを念頭に動いている。
  • リスクヘッジを軽んじた結果、大きな損失を出してしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ