「アソシエーション」とは?意味や使い方を解説!

「アソシエーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アソシエーション」について解説します。

目次

  1. アソシエーション
  2. アソシエーションの意味とは
  3. アソシエーションの使い方・例文

アソシエーション

アソシエーション(association)」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「NBA」や「GTアソシエーション」など、アルファベット三文字の中に混じっている場合や、カタカナ表記で用いられる場合など、様々な使い方がされていますが、どういう意味の言葉なのか知らないという方は少なくないのではないでしょうか。

ここではそんな「アソシエーション」について、意味や使い方などをご紹介していきます。

アソシエーションの意味とは

アソシエーション(association)とは、「組織」や「団体」を意味する言葉になります。

同じ目標や目的を持つ集団を広く指す言葉で、他に「協会」や「集団」といった意味でも用いられ、営利・非営利を問わず、機能的であることが、アソシエーションの定義となります。。

利害を共にし、深いつながりを持つ集団(共同体)という意味の「コミュニティ」が類語として用いられる場合もありますが、意味合いは大きく異なるため注意が必要です。
目的があり、機能的な組織を成している集団をアソシエーションと呼び、特定の目的はなくとも、深いつながりを持つ集団のことをコミュニティと呼びます。

>

アソシエーションの使い方・例文

  1. パワハラやセクハラなど、度重なる不祥事によって、自身が会長を務めていたアソシエーションから除名された。
  2. 英国サッカー協会が、名称をフットボール・アソシエーションから、イングリッシュ・フットボール・アソシエーションに変更すると発表した。
  3. 単なるコミュニティだと思って参加したのに、危うく過激な思想を持ったアソシエーションに加入させられるところだった

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ