「キャッチアップ」とは?意味や使い方を解説!

「キャッチアップ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「キャッチアップ」について解説します。

目次

  1. キャッチアップ
  2. キャッチアップの意味とは
  3. キャッチアップの使い方・例文

キャッチアップ

皆さんは、「キャッチアップ」という言葉をご存知でしょうか。
ビジネスシーンやテレビなど、様々な業界で使用される言葉なので見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。
この記事では、「キャッチアップ」の意味を解説させていただきます。

キャッチアップの意味とは

「キャッチアップ」とは、「追いつく、追いかける」という意味があります。英語の「catch up」が語源となっています。また、キャッチアップは業界によって異なる使い方をされているので、ビジネスシーンでのキャッチアップなのか、医療においてのキャッチアップなのかなど、使い分けることを意識しましょう。
ビジネスシーンにおいてのキャッチアップは、「欠席した会議の記録など、目を通していないものを追って理解する行動」を指します。また、未経験の業界や仕事の内容やノウハウを素早く理解する為の行動」を言うこともあります。
他にも、テレビなど放送業界においてもキャッチアップという単語を使うことがあります。「キャッチアップ放送」「キャッチアップ配信」など、いわゆる再放送のことを指して使われています。現代ではインターネットによる配信が主なので、キャッチアップ放送という単語は

>

キャッチアップの使い方・例文

ここで、「キャッチアップ」を使った例文をご紹介します。

1.入社したばかりで右も左も分からない。しばらくは業務内容のキャッチアップに追われることになりそうだ。
2.最近はインターネットの見逃し配信があるから、キャッチアップ放送という概念を知らない人も多いことだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ