「オーバーホール」とは?意味や使い方を解説!

「オーバーホール」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「オーバーホール」について解説します。

目次

  1. オーバーホール
  2. オーバーホールの意味とは
  3. オーバーホールの使い方・例文

オーバーホール

オーバーホール」という言葉をご存知でしょうか?
一般に、時計や、バイク・車などをメンテナンスに出すときによく使われる言葉ですね。
では、いったいどういう意味なのでしょうか。
今回は、知っているようで知らない「オーバーホール」について解説します。

オーバーホールの意味とは

「オーバーホール」とは、英語で「overhaul」といい、「機械などを、部品ごとに分解して点検・整備すること」という意味の外来語です。
時計やPCなどの精密機器、またバイクや車の本体やエンジン、電車や航空機などの点検・整備に関して使われることが多いようです。

オーバーホールは、通常の保守点検と違い、部品単位まで徹底的に分解・清掃し、消耗部品が摩耗・劣化していれば交換、または修理するため、時間や手間がかかります。
また、再組み立てに技術と知識が必要とされます。
そのため、部品の耐用限度を想定し、その想定に基づいた間隔で行われるのが一般的です。

オーバーホールの類義語

オーバーホールの類義語として「メンテナンス(maintenance)」という言葉があります。
メンテナンスとは、機械類や建築・土木構造物の、保守・点検・整備作業のことです。
オーバーホールが部品ひとつひとつを細かく精査するという意味であるのに対し、メンテナンスは、もっと幅広い用途で使われています。

オーバーホールの使い方・例文

1.中古のバイクを購入し、オーバーホールに出したところ、思わぬ不具合が見つかったため修理した。
2.航空機のエンジントラブルは大事故につながるため、定期的なオーバーホールが必要だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ