「善処」とは?意味や使い方を解説!

「善処」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「善処」について解説します。

目次

  1. 善処
  2. 善処の意味とは
  3. 善処の使い方・例文

善処

善処(ぜんしょ)」という言葉をご存知でしょうか?読み方は「ぜんしょ」です。
ビジネスシーンではおなじみのこの言葉。何気なく使ってらっしゃる方も多いかと思います。
では、いったいどういう意味なのでしょうか。
今回は「善処」について解説します。

善処の意味とは

「善処」とは、物事に対して適切に処理をすること。うまく処理すること。という意味の言葉です。読み方は「ぜんしょ」です。

そもそも「善」という漢字には、「正しい」とか「上手である」とか「丁寧に」などと云う意味があります。また、「処」という漢字は「取り計らう」という意味を持ちます。
合わせて、「正しく取り計らう、うまく処理する」という意味になりました。

ビジネスシーンではよく「善処します」や「善処いたします」などと使われ、商談や取引の場で、「前向きに検討する」といった意味でよく使われています。また、案件をいったん持ち帰りたい場合に保留する意味合いでも使われることがあります。

>

「善処します」の類義語

「善処します」の類義語には以下のようなものが挙げられます。

・するよう努める
 【例文】その件に関しまして、社内でコンセンサスがとれるよう努めますので、今しばらくお待ちください。

・前向きに取り組む
 【例文】マニフェスト実現のため、前向きに取り組んでいく所存でございますので、ぜひともご支援のほどよろしくお願いいたします。
 

善処の使い方・例文

1.先日の件につきまして、早急にご善処いただきたくお願いいたします。
2.本件に関しまして、善処いたしますので、今しばらくお時間をいただきたく存じます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ