「補填」とは?意味や使い方を解説!

「補填」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「補填」について解説します。

目次

  1. 補填
  2. 補填の意味とは
  3. 補填の使い方・例文

補填

補填(ほてん)」という言葉をご存知でしょうか?読み方は「ほてん」です。
「損失を補填する」などと、ビジネスシーンなどで使われることが多い言葉です。
では、いったいどういう意味なのでしょうか。
今回は「補填」について解説します。
 

補填の意味とは

「補填」とは、足りないところや不足を補い埋めること。欠損を満たすこと。という意味で、読み方は「ほてん」です。
「補」という漢字は、補う(おぎなう)、たすけるという意味を持っています。もとは、衣服のほころびを繕(つくろ)うということからできた漢字です。そして、「填」という漢字には、ふさぐとかうめる、はめるという意味があります。
合わせて、不足分を埋めておぎなうという意味になりました。

>

補填の類義語

「補填」の類義語には以下のようなものが挙げられます。

・填補(てんぽ)
 【例文】社長は、赤字を填補するため、金策に走り回った。
・補完(ほかん)
 【例文】相互に補完する関係を築くことが、御社と弊社にとって最善であると考えます。
・補充(ほじゅう)
 【例文】いくら欠員を補充しても、そもそもの仕事の総量が多すぎるため、残業がなくならないのだ。
・補足(ほそく)
 【例文】この報告書に関する参考資料につきましては、そこに添付してある補足をご覧ください。
・穴埋め(あなうめ)
 【例文】天才と呼ばれた彼の穴埋めができ得る人材を、私は他に知らない。

補填の使い方・例文

1.損失を補填するためにさらに借金を重ね、ついには首が回らなくなった。
2.赤字国債とは、国が歳入不足を補填するために、特例法によって発行する国債のことである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ