「ソワレ」とは?意味や使い方を解説!

「ソワレ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ソワレ」について解説します。

目次

  1. ソワレ
  2. ソワレの意味とは
  3. ソワレの使い方・例文

ソワレ

ソワレ」という言葉について解説します。

ソワレと聞くとフランス料理を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、ここでいうソワレは「ソワレ公演」という使い方をされているもののこととなります。

舞台などをよく見に行く方にとってはこの「ソワレ」という言葉はなんのことかすぐに分かると思いますが、初耳だと言う方にとっては意味の想像ができないかもしれません。

ここではそんな「ソワレ」という言葉とはどういう意味でどういった使い方をするのかということを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただいて、一度理解・把握をしてみてください。

ソワレの意味とは

ソワレとは「(舞台興行、主にミュージカル、バレエ、オーケストラなどで言う所の)夜公演」という意味となっています。

使い方としては、ソワレ公演という言い方になります。ソワレだけでも夜公演ということは伝わりますが、後ろに公演をつけることが多くなっています。

ソワレはフランス語の「soirée(ソワレ)」からきており、意味は「夕方・夜」です。このことから夜公演のことをソワレ公演と言うようです。

ちなみに、こういった舞台は昼公演・夜公演に分かれていることが多いですが、昼公演のことはマチネ公演と言います。

昼夜通して「マチソワ」という言い方もあるので、併せて覚えてみてはいかがでしょうか。

ソワレの使い方・例文

  • マチネ・ソワレ両方観たが、ソワレ公演の方がお客さんが盛り上がっていた。
  • ソワレ公演の後のみんなで行く食事会も楽しみの一つだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ