「礼金」とは?意味や使い方を解説!

「礼金」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「礼金」について解説します。

目次

  1. 礼金
  2. 礼金(れいきん)の意味とは
  3. 礼金の使い方・例文

礼金

礼金」という言葉について解説します。

賃貸物件などの不動産情報を見ると必ずと言っていいほど目にするものに「敷金・礼金○ヶ月」という一文があると思います。

たいていの場合、敷金とセットで使われることが多い言葉で、皆さんも当たり前のように目にし使っている言葉ですが「礼金」とは何か?というのをしっかり理解しているでしょうか。

ここでは「礼金」という言葉の意味、使い方・読み方などを紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、きちんと整理・把握してみてください。

礼金(れいきん)の意味とは

礼金(読み方・れいきん)とは「謝礼として支払う金銭・謝礼金」「部屋や家を借りる時に謝礼金という名目で家主に支払う一時金」という意味の言葉となります。

一般的に身近なのは家を借りる時に見る「敷金・礼金」の方だと思いますが、この礼金はだういうものでしょうか。

礼金は元々、「住まわせていただき感謝します」という気持ちを込めて、借主が家主にお金を包んだのが始まりとされ、それが習慣として残ったものと言われています。

現在では不動産情報として「礼金2ヶ月」なんて記載されていますが、礼金の始まりから考えると「お礼は家賃2ヶ月分」なんてなんだか違和感が出てしまいますよね。

ちなみに、敷金の意味は借主が家主に預ける保証金という意味で、家の壁を傷つけた場合など、補修費用に充てられたりするお金となります。

礼金の使い方・例文

  • 最近では礼金なしとする物件も増えてきている。
  • 部屋を退去する時、礼金は戻らないが敷金は戻ることがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ