「百花繚乱」とは?意味や使い方を解説!

「百花繚乱」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「百花繚乱」の意味や使い方を解説していきます。また、類語や由来も合わせて解説します。

目次

  1. 百花繚乱
  2. 百花繚乱の意味とは
  3. 百花繚乱の由来
  4. 百花繚乱の使い方・例文

百花繚乱

皆さん「百花繚乱」という言葉を知っていますか?

一度は耳にしたことがあるという人も少なくないかもしれませんね。

しかし、「何となくの意味はわかるけど、しっかりした意味はわからない」という人も多いんじゃないでしょうか?

まだ意味を知らない人も、何となくしかわからない人もこの機会にしっかりと覚えていきましょう。

百花繚乱の意味とは

「百花繚乱」とは「美しいものがたくさんある状態」「また優秀な人物が数多く現れ、立派な業績が一時期にたくさん出ることという意味です。

読み方は「ひゃっかりょうらん」と読みます。
読み方が難しいのでここでしっかりと覚えておきたいですね。

「百花繚乱」の正しい使い方として、この言葉は説明した通り華やかな状態を表す言葉なので、基本は負の意味で用いることはありません。

また、多くの種類の花が咲き乱れている状態を表す言葉なので、たくさんの種類がある状態を表すときに用います。
華やかで数多くのものがある状態で使うとよいでしょう。

百花繚乱の類語

「百花繚乱」の類語・関連語・連想される言葉の例を挙げます。

  • 万華鏡の世界
  • カラフルな
  • バラエティ豊かな
  • たくさん
など

百花繚乱の由来

「百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」の成り立ちについて説明します。

「百花(ひゃっか)」の「百」は種類や数が多いことを表しています。
つまり「百花」とは、いろんな種類の花、数多くの花を意味することになります。

「繚乱(りょうらん)」はいろんな花が華やかに咲き乱れている様子を意味します。

それらを合わせて「百花繚乱」という四字熟語が使われるようになりました。

成立当初「百花繚乱」は、いろんな花が咲き乱れている様子を表す言葉として使われていたとされています。

そこから転じて現在の、美しいものがたくさんある状態、また優秀な人物が数多く現れ、立派な業績が一時期にたくさん出ることを表す言葉として使われるようになりました。

百花繚乱の使い方・例文

「百花繚乱」を使った例文を紹介します。
1.春先の桜並木は百花繚乱の眺めであった
2.現在のスポーツ業界は才能のある選手にあふれ百花繚乱だ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ