「取り計らう」とは?意味や使い方を解説!

「取り計らう」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「取り計らう」について解説します。

目次

  1. 取り計らう
  2. 取り計らうの意味とは
  3. 取り計らうを使った文章・例文

取り計らう

取り計らう」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「取り計らう」という言葉は、ビジネスの場でよく使用されます。

よく「お取り計らいいただき感謝申し上げます。」や「お取り計らい下さりますようお願い申し上げます。」といった使い方をします。

物事をあれこれ考え適切に処理するといった意味を持ちますが、皆さんはご存知でしょうか。

今回は「取り計らう」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

取り計らうの意味とは

取り計らうとは「あれこれと考え、物事を上手に処理する。取り扱う。」という意味を持つ言葉になります。

そもそも「取り計らう」とは、「計らう」という言葉を強調した表現です。

計らうという言葉には「適切に処理する。」や「相談する」「企てる」といった意味があります。

そして「取り」にはあとに接続する言葉を強調する役割を持っているのです。

したがって「取り計らう」は、適切に処置するという意味を強調し「あれこれと考え、物事を適切に処置する。」という意味になります。

この「取り計らう」という言葉は、ビジネスの場でよく使用します。

使い方としては、感謝を伝える場面では「お取り計らいいただき感謝申し上げます。」といった表現があります。

お願いする場合には「お取り計らい下さりますようお願い申し上げます。」といった表現になります。

取り計らうを使った文章・例文

  1. この度は、お取り計らい頂きまして誠にありがとうございます。
  2. 何卒、お取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ