「居を構える」とは?意味や使い方を解説!

「居を構える」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「居を構える」について解説します。

目次

  1. 居を構える
  2. 居を構えるの意味とは
  3. 居を構えるを使った文章・例文

居を構える

居を構える」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「居を構える」という言葉は、日常生活やビジネスの場でも自然と使用することがあるので耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

よく使う言葉ほど、間違った意味で覚えていると恥をかいてしまいます。

よく「住み慣れた土地に居を構える。」といった使い方をします。

「自分が住むところを持つこと。」や「自分が住む家を決めて生活を営むこと。」といった意味を持ちます。

今回は、そんな「居を構える。」について詳しく解説します。

この機会に深く理解していきましょう。

居を構えるの意味とは

居を構えるという言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「自分の住むところを持つこと。自分の家を建てること。」という意味になります。

使い方としては「結婚後は住み慣れた土地に居を構えるつもりだ。」といった表現が一般的です。

一般的には、この1つ目の意味で使用されることが多いです。

続いて2つ目は「自分が住むところを決めて生活を営むこと。」という意味になります。

単に、家を建てることと、家を構えて生活を営むこと、2つの意味があるため使い分けには気を付けたいところです。

居を構えるを使った文章・例文

  1. 結婚することになったが、嫁が住み慣れた土地に居を構えたいと言い出して少し揉めている。
  2. 転勤が決まりまったく未開の土地に居を構えることになり、不安でいっぱいだ。
  3. 居を構えるとは言っても単身赴任は3年なので、賃貸でいいだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ