「一翼を担う」とは?意味や使い方を解説!

「一翼を担う」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「一翼を担う」について解説します。

目次

  1. 一翼を担う
  2. 一翼を担うの意味とは
  3. 一翼を担うを使った文章・例文

一翼を担う

一翼を担う」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「一翼を担う」という言葉は、ビジネス場で使用されることが多いです。

「全体の中で自分の任務や責務、果たすべき役割を持つこと」といった意味を持つ言葉です。

よく「大きなプロジェクトの一翼を担う」や「彼は一翼を担ってくれた」といった使い方をします。

割とよく使用する言葉なので、耳馴染みのある方も多いのではないでしょか。

また、まれに「一役を担う」という表現を見かけますが、これは誤りです。

今回は、そんな「一翼を担う」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

一翼を担うの意味とは

一翼を担うとは「全体の中で、自分の任務。責務。果たすべき役割を持つこと。」という意味を持つ言葉です。

この「一翼を担う」という言葉の中にある「一翼」とは「ひとつの持ち場」や「一部署」といった意味を持つ言葉です。

そして、「担う」という言葉は「自分の役割として身に引き受けること」という意味を持つ言葉です。

また、この一翼を担うには「翼」という言葉が入っています。

鳥も飛行機も2つある翼を1つでも欠いてしまったら飛べなくなっていまいます。

そういったことからも「全体の中で大切な役割」や「責務」といった意味合いにつながります。

また、まれに「一役を担う」という表現を見かけますが、これは誤りです。

「一役を買う」と「一翼を担う」が混同して誤用されているようです。

一翼を担うを使った文章・例文

  1. わが社の一大プロジェクトは、佐藤君にリーダーの一翼を担ってもらう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ