「ぼったくり」とは?意味や使い方を解説します!

「ぼったくり」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ぼったくり」について解説します。

目次

  1. ぼったくり
  2. ぼったくりの意味とは
  3. ぼったくりの使い方・例文

ぼったくり

ぼったくり」という言葉について解説します。

ぼったくりという言葉は主にニュースで見聞きする言葉だと思います。身近な例では、ぼったくりバー、ぼったくり居酒屋が挙げられるでしょうか。

かなりイメージが悪い言葉ですが、みなさんはこの「ぼったくり」のちゃんとした意味をご存知でしょうか。

なんとなくイメージでは分かっているものの、実はしっかりとは知らないという方もいるとおもうので、ここでは「ぼったくり」について意味や使い方をきちんと紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・把握してみてください。

ぼったくりの意味とは

ぼったくりとは「法外な料金を取ること」「力ずくで奪い取ること」という意味の言葉となります。

ビール一本とピーナッツしか頼んでないのに、お会計が5万円。

こんな感じが分かりやすい身近にあるぼったくりの例ですが、法外な料金ですし、これを断ると怖いお兄さんに無理矢理払わされる。といったこの一連が「ぼったくり」と言えます。

逆に、料金は適正でも内容がひどく悪かった場合などに「ぼったくられた気分だわ~」なんて使い方もします。

ちなみに、2018年に「居酒屋ぼったくり」という小説がドラマ化され話題となりましたが、このタイトルは「どこにでもあるようなものしか出せないのにお金をもらうから」という意味でぼったくりと名付けられており、この言葉の悪いイメージを逆用したものとなっています。

>

ぼったくりの使い方・例文

  • ぼったくり被害に合わないように、料金や会計後の内訳の確認は必要不可欠だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ