「敵愾心」とは?意味や使い方を解説!

「敵愾心」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「敵愾心」について解説します。

目次

  1. 敵愾心
  2. 敵愾心の意味とは
  3. 敵愾心を使った文章・例文

敵愾心

皆さんは「敵愾心」という言葉をご存知でしょうか。

そもそもなんて読むのかわからない方もいるのではないでしょうか。
「愾」という漢字が常用漢字ではないのもあって、読み方も意味もさっぱり分からないという可能性もありますね。

今回は「敵愾心」という言葉について詳しく解説します。

敵愾心の意味とは

敵愾心とは「敵に対して抱いた憤りや、打倒しようとする意気込み」という意味です。
読み方は「てきがいしん」です。

「愾」という漢字は音読みで「ガイ、カイ、キ」、訓読みで「なげ・く、いか・る」と読みます。
意味は「嘆く。ため息をつく。」または「憤る。怒る。恨む。」です。
常用漢字ではないので、「敵がい心」と表記する場合もあります。

「嘆き」と「憤り」という、ある種真逆のイメージを与えられる意味を併せ持っている不思議な漢字ですね。
「敵愾心」で使われているのは二つ目の意味です。
「慨」という漢字とほぼ同じ意味であり、同じ読み方もするので「憤慨」を「憤愾」と書くこともできるようです。しかし「慨」は「愾」と違って常用漢字なので、「愾」の方を使うことはめったにありません。
ただし、「敵愾心」を「敵慨心」と書くと間違いになります。

「敵愾心」という言葉は、敵とみなした相手を打倒しようとする強い意気込みを表しています。
よく似た言葉である「敵対心」との違いはそこで、より強い対抗心を抱いていることを強調したいときに使います。

>

敵愾心を使った文章・例文

  1. 前回大敗した苦い経験から、チームメイトはみな相手に敵愾心を燃やしている。
  2. 私はかつて些細なミスをあげつらい馬鹿にしてきた上司に対して、敵愾心を抱いていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ