「主体性」とは?意味や使い方を解説!

「主体性」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「主体性」について解説します。

目次

  1. 主体性
  2. 主体性の意味とは
  3. 主体性を使った文章・例文

主体性

皆さんは「主体性」という言葉をご存知でしょうか。

なんとなくのニュアンスは分かっても、具体的にどういうことを指すのか説明しようとすると難しい言葉ですね。

今回は「主体性」という言葉について詳しく解説します。

主体性の意味とは

主体性とは「自らの意志や判断で、責任をもって行動しようとする性質・態度」という意味です。

よく似た意味の言葉に「自主性」があります。
これは「他人からの干渉を受けず、自分の判断で行動しようとする態度」という意味です。
勉強や仕事をする際に「自主的にやりなさい」という指示をされることがあります。これは親や先生、上司などから具体的な指示が出される前に、自分でやるべきことをやれという意味の言葉です。
課題や仕事のノルマなど、やらなければならないことを他の人から言われてやるのではなく、自ら率先して取り組むことが「自主性のある行動」です。

では「主体性」とは、「主体的に行動する」とは何か。
それは、「やるべきことが明確でなくても、どうすればいいのか自ら考えて行動する事」です。
たとえば仕事でチームを組んで大きなプロジェクトを動かす場合、他のメンバーに指示を出したり、スケジュールを組んだりといったことを進める必要があります。
こういったことは何をどうするということが具体的に決まっているわけではありません。
それを自分の意志で考え、行動するのが「主体性」です。

主体性を使った文章・例文

  1. めでたく管理職となったのだし、これからは主体性を持って行動したい。
  2. 社員一人一人の主体性を高めることで、この会社はもっと良くなる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ