「学歴フィルター」とは?意味や使い方を解説!

「学歴フィルター」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「学歴フィルター」について解説します。

目次

  1. 学歴フィルター
  2. 学歴フィルターの意味とは
  3. 学歴フィルターを使った文章・例文

学歴フィルター

皆さんは「学歴フィルター」という言葉をご存知でしょうか。

就職活動を行う学生さんにとっては、嫌な単語ですよね。
学歴だけで志望している企業に入れるかどうかが決まるなんて、なんとも憂鬱な話です。

今回は「学歴フィルター」という言葉について詳しく解説します。

学歴フィルターの意味とは

学歴フィルターとは「新卒採用の就職活動において、企業が学歴を基準に判断し学生をふるいにかけること」という意味です。

学歴と言っても、大卒(見込み)や高卒(見込み)などのくくりのことではありません。
学歴フィルターで学生をふるいにかける企業にとって大卒は当たり前のことであり、気にしているのは「出身大学がどこか」ということです。
東京大学や明治・青山学院・立教・中央・法政の所謂MARCHと呼ばれるエリート大学の出身者のみを選別し、それ以外の学生を書類選考で落とすというものです。

このような採用方法を取ることで、優秀な学生を効率よく採用できると考える企業が少なからずいるようで、特に大量のエントリーがある時に有効だと言われています。

とはいえ、学歴フィルターを設けている企業が本当に存在するのか、確かなことは分かりません。
企業がどのように採用基準を決めているのか、外部の人間には見えないからです。
しかし優秀な学生ほど出身大学のランクが高い傾向にあるというのも、ある程度根拠のある評価基準ではあるようです。

学歴フィルターを使った文章・例文

  1. 大企業は選考に学歴フィルターをかけていると言われているが、真偽のほどは分からない。
  2. 仮に学歴フィルターで落とされたとしても、企業と自分がミスマッチしたという点で通常の就活と変わりはない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ